The Journal of Japanese College of Angiology

Journal Information
ISSN / EISSN : 03871126 / 18808840
Current Publisher: Japan College of Angiology (10.7133)
Total articles ≅ 298
Filter:

Latest articles in this journal

Shinichi Imai, Ryoichi Kyuragi, Masahiro Yoshikawa, Naotaka Sakamoto, Toshihiro Onohara
The Journal of Japanese College of Angiology, Volume 59, pp 89-93; doi:10.7133/jca.19-00018

Abstract:腎動脈瘤手術には,囊状の瘤壁を切除後に残存瘤壁を利用し動脈を形成するtailoring techniqueがある。今回,当院でtailoring techniqueを用いた腎動脈瘤手術症例8例を対象とし,術後の早期・遠隔期成績を検討した。術後急性腎障害をきたしたのは1例のみで透析に至った症例はなく,遠隔期(平均観察期間:5.3±3.6年)に腎動脈の狭窄や閉塞,動脈瘤の再発をきたした症例は認められなかった。腎動脈瘤に対する瘤形成術は術後成績が良好であり,有効な術式と考えられた。
Ryo Kamata, Masafumi Takahashi
The Journal of Japanese College of Angiology, Volume 59, pp 83-87; doi:10.7133/jca.19-00022

Abstract:動脈硬化や心筋梗塞といった心血管疾患の病態において無菌性炎症の重要性が示されている。われわれは,心血管疾患発症の分子機構に無菌性炎症の惹起経路であるNLRP3インフラマソームが関与することを報告してきた。また最近,NLRP3インフラマソームを制御する新規E3リガーゼを同定した。本稿では,動脈硬化や大動脈瘤形成におけるNLRP3インフラマソームの役割とともに,NLRP3インフラマソームの翻訳後修飾による制御機構について概説する。
Masataka Yoda, Takuya Miyazaki, Minoru Yoshida
The Journal of Japanese College of Angiology, Volume 59, pp 95-99; doi:10.7133/jca.19-00008

Abstract:症例は77歳男性。慢性透析患者。重度大動脈弁狭窄と可動性プラークを伴う高度頸動脈狭窄を認めたため,同時手術を施行した。頸動脈露出後,開胸し体外循環を確立。灌流圧を約60 mmHgに保ち鼓膜温30°Cまで冷却し,頸動脈を単純遮断し内頸動脈血栓内膜剝離を行い大伏在静脈にてパッチ閉鎖した。その後,復温しながら心停止下に大動脈弁置換術を施行。術後,脳障害を認めず術当日に人工呼吸器離脱し,術後14病日目に退院。
Shingo Nakai, Tetsuo Watanabe, Yoshiyuki Nakano, Masashi Tsuda, Hiroyuki Sakakibara, Syuji Toyama, Keiichiro Kawamura, Mitsuaki Sadahiro
The Journal of Japanese College of Angiology, Volume 59, pp 77-80; doi:10.7133/jca.18-00041

Abstract:61歳,女性。血尿を契機にナットクラッカー症候群と診断されていた。肉眼的血尿の増悪と,両側大腿~鼠径部の疼痛が出現し,CTで左腎静脈高度狭窄と,側副血行路を介した骨盤内静脈叢の著明な拡張蛇行を認めた。骨盤内うっ滞症候群を呈したナットクラッカー症候群と診断し,自己拡張型ステントを狭窄部に留置した。術後は抗凝固療法を施行した。自覚症状の改善とCT所見の改善を認め,現在術後2年で,無増悪で経過している。
The Journal of Japanese College of Angiology, Volume 59, pp 81-81; doi:10.7133/jca.18-00019-err

Kimio Satoh, Taijyu Satoh, Nobuhiro Yaoita, Hiroaki Shimokawa
The Journal of Japanese College of Angiology, Volume 59, pp 61-67; doi:10.7133/jca.19-00011

Koushi Mawatari, Masashi Tsunemori, Osamu Nakano, Hiroaki Haruta
The Journal of Japanese College of Angiology, Volume 59, pp 69-75; doi:10.7133/jca.19-00003

Shigeki Yanagi, Nobushige Tamura, Tomofumi Taki, Hisao Harada
The Journal of Japanese College of Angiology, Volume 59, pp 49-53; doi:10.7133/jca.19-00015

The publisher has not yet granted permission to display this abstract.
Koji Yonekura, Norihide Sugano, Masahiro Nakamura
The Journal of Japanese College of Angiology, Volume 59, pp 55-59; doi:10.7133/jca.19-00005

Nobuhisa Ohno, Toshi Maeda, Otohime Kato, Hirofumi Sato, Go Ueno, Kosuke Yoshizawa
The Journal of Japanese College of Angiology, Volume 59, pp 37-43; doi:10.7133/jca.19-00007

Abstract:A型急性大動脈解離に対してポリエステル布を解離バルサルバ洞に挿入するneomedia repairの長期成績を検討した。耐術例の中で基部拡大,大動脈弁閉鎖不全の進行,大動脈基部関連の再手術および死亡はなかった。2尖弁の変成で再手術となった症例でポリエステル布はneomediaとして機能している所見が得られ,neomedia repairは解離バルサルバ洞の長期安定化に寄与することが示唆された。